IT Notebook

とあるエンジニアの備忘録

piculetを使ってみてはまったところ

Security Groupを別のAWSアカウントに移行する時に、piculetを使用した時のメモ ruby2.0以上が必須など、インストールなどに戸惑ったので念のため

環境

インストール

ruby2.0以上が必要なので事前にrubyをインストール

sudo add-apt-repository -y ppa:brightbox/ruby-ng
sudo apt-get update
sudo apt-get install ruby2.1 ruby2.1-dev

piculetインストール

gem install piculet --no-ri --no-rdoc

移行元からSecurity Groupをエクスポート

credentials設定

vi ~/.aws/credentials
------------------------------------------------------------
[default]
aws_access_key_id=<移行元のアクセスキー>
aws_secret_access_key=<移行元のシークレットキー>
------------------------------------------------------------

Security Groupエクスポート

piculet -e -r ap-northeast-1 -n <SecurityGroup> > Groupfile
  • 複数登録されているSecurity Groupのうちの1つのみを移行するため「-n」オプション使用して明示的に指定

Security Groupをインポート

credentials設定

vi ~/.aws/credentials
------------------------------------------------------------
[defaults]
aws_access_key_id=<移行先のアクセスキー>
aws_secret_access_key=<移行先のシークレットキー>
------------------------------------------------------------

piculetのインポートコマンドをdry-run

piculet -a -r ap-northeast-1 -n <SecurityGroup> --dry-run
  • 想定どおりの結果になるか確認
  • Security Groupを明示的に指定しないと、完全同期しようとするので要注意!!

piculetのインポート

piculet -a -r ap-northeast-1 -n <SecurityGroup>

※参考